ラクスラは妊婦が飲んでも大丈夫?

妊娠中は非常にデリケートな時期ですが、飲むだけで効果があると言われている酵素系サプリメント「ラクスラ」は身体に影響があるのでしょうか。
妊婦のダイエットサプリ服用について気を付ける点をまとめてみました。

 

ラクスラは妊婦が飲んでも大丈夫?

妊婦

結論から説明すると、妊娠中や授乳中はなるべく控えた方が無難です。
妊娠期間中非常に身体はデリケートな時期ですのでどうしても摂取したいのであれば、授乳期間を終えた直後からの方がいいでしょう。

 

母体に影響は無くとも、成分によっては胎児に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
ただし、酵素自体は過度な用量を服用せず用法を正しく守れば妊娠中の女性が飲んでも基本的には安全とされています。

 

しかも、妊娠中の悩みである

つわりの改善につながることが期待されているのです。

妊娠中の期間に悩まされる問題の一つとしては、まず「つわり」が挙げられますよね。
妊娠初期にほとんどの妊婦さんが経験していると言われていますが、つわりの原因は現在根拠となるものは未だ解明されていません。

 

あくまでも仮説ではありますが、幾つかの原因として挙げられているのは子宮から分泌されるホルモンの急激な増加によるものや、自律神経の乱れによるともされています。

 

流産を防ぐ為につわりによって身体をあまり動かせないようにしているとも考えられているそうです。

 

妊娠中は特に体調が日々変動し、不安定になってしまうもの。
つわりのせいで全く食事が喉を通らない、食べたくてもカラダが食物を受け付けてくれないなんて事も少なくはありません。

 

それを和らげてくれるのが酵素なのです。

 

妊娠中は便秘にもなりやすいです。

原因としては、黄体ホルモンというホルモン活動の他の器官への抑制運動によるものと考えられています。

 

妊娠中特に活発に活動する黄体ホルモンは子宮の収縮を抑える働きをしており、その影響で子宮だけではなく排便時食物を肛門に送り出す「平滑筋」と呼ばれている筋肉の収縮も抑えてしまい、腸の活動が大幅に減少してしまうのです。

 

黄体ホルモンは体内に水分を蓄えるように働きかける役割があります。
そのために大腸より水分吸収量が普段より数倍増える事に対して逆に便の水分量は減少するため便は普段より固くなってしまい排便がしづらい状態になるのです。
つわりも便秘もどちらもかなり厄介な問題ですよね。
しかし、上記のトラブルは

酵素系サプリメントの効果によって改善が期待出来ます!

デトックス

酵素には体内にある毒素だけを体外に排出してくれるデトックス作用があります。
胎児と自分の毒素を排出してくれますので身体への負担は減りますし、毒素が溜まりにくい身体にしてくれるので肥満状態に陥りにくい体質にもなるんです。

 

また、酵素を取り入れる事によって、体内の循環血液がサラサラになるのでより質の高い栄養素が胎児にも届けられます。
新陳代謝も上昇するので便秘やつわりの症状緩和に効果は抜群。腸内環境もよくなり、引いては免疫力を維持することになり病気から体を守ることが出来るのです。

 

他にも冷え性が改善したり、酵素によって新陳代謝の活性化により肌荒れ症状が緩和したりと服用すると以上で述べる効果も同時に期待出来ます。
これらは、長年の研究の結果でも実証されており服用は妊婦でも安全だとされているのです。

 

ただし、酵素系のサプリを摂取する際、妊婦は特に注意をはらう必要があります。
まず飲む場合は原材料の産地や、添加物の有無を必ず確認するようにしましょう。

 

なので不明な成分や分からない点が少しでもあるのならば自己解決に頼らず直接販売元の会社に問い合わせるか、不安を感じるならばかかりつけの主治医に相談しましょう。

 

妊婦がラクスラを飲むデメリット

どんなデメリットがあるのか

結論を先に言ってしまうと、メリットがあるのならばデメリットも少なからず存在します。

 

ラクスラは確かに妊娠中に服用しても安全ではありますが、酵素サプリを摂る事で妊娠安定期に入り、食欲が湧いた結果食べ過ぎによる妊娠中毒症に陥ってしまう危険性があります。

 

知らずに飲んでしまった事により、ラクスラに含まれている成分が元でアレルギーを引き起こし最悪の場合呼吸困難や、母体共々影響が出てしまうと言ったリスクも考えておかなければなりません。

 

ですので妊婦が飲む場合は必ず入念な下調べが必要不可欠なのです。

 

ラクスラを摂取するにあたって絶対やってはいけない事はあるの?

ダイエットにも効果の期待値が高い酵素系サプリメントですが必ず普段の食事と一緒に摂取するようにしましょう。

 

酵素サプリだけを飲み続ける所謂絶食ダイエットは絶対に行ってはいけません!

 

ラクスラは身体の補助の役割をするものであって、痩せやすい体質を作る事は出来てもそれだけで必ず痩せる訳ではありません。いくら身体に良いとは言え、サプリメントばかりに頼ってしまって逆に身体に支障をきたしてしまっては本末転倒ですよね。

 

普段の食事をメインにした上で、あくまでも身体の毒素を出して身体の調子を整える「デトックス」の効果と捉えましょう。
普段口にしている食品からも酵素は摂る事が可能です。

酵素を多く含んでいる生野菜、季節のフルーツを体調に合わせて取り入れる事をおすすめします。
妊娠中で食欲が落ちている場合は、野菜や果物をミキサーにかけてスムージーとして飲んでもいいですね。

 

酵素は鮮度が命です、調理すると壊れやすい栄養素でもあるので作り立てをなるべくすぐに食べるようにして下さい。
その際冷たい生野菜やフルーツを摂りすぎると冷えを招きやすくなり、かえって代謝を下げてしまう原因になるので食べ過ぎにも気をつけましょう。

 

冷えが気になる場合は味噌や納豆、酢ものや漬物など発酵食品を積極的に食事に取り入れてみる事もオススメします。

 

例えば、味噌汁を飲むだけでも手軽に酵素は摂れますし、おかずに漬物や納豆を加えてみたり、調味料として使用するなど工夫次第で食品からも簡単に摂れますので、妊娠中はなるべくサプリメントに頼らない生活を心がけましょう。

 

また、妊娠初期は酷く体調も崩れやすい時期ですので、身体が食物自体を受け付けない場合無理をしてまで摂取する事はなるべく控えた方が良いでしょう。

 

本格的に摂取するのは、妊娠5〜7ヶ月頃(妊娠16〜28週)の妊娠安定期に入ってからの方が望ましいですね。
母体で胎盤が完成するまでは、食物での酵素摂取に留めましょう。

 

まとめ

妊婦がラクスラを摂取すると起こり得るメリットとデメリット、両方を説明しましたが服用のタイミングを誤らなければ妊娠中の女性にも安心して飲める酵素サプリメントです。
ですが万が一の事を考えると飲まない方が良いでしょう。

 

産後、体調が落ち着いてから徐々に利用し理想的な身体作りを目指していきましょう。

 

トップへ戻る